星空に触れて-1-

2ヶ月前に大学4年生になったばかりの槙村上総は、バイト先であるカフェ「フロート」で慌しく働いていた。
大学と自宅の中間にあるこの店は、渋い海老茶色をしたレンガの外壁に蔦の葉がこってりと這わされた、今ではちょっと珍しい趣のある造りをしている。
上り坂の中ほどにあって、大きな通りから身を隠すようにして佇んでいるこの店を、上総はとても気に入っている。

コーヒーに入れ込んだマスターが20年前に始めたこの店には、無類のコーヒー好きがどこからともなく通っていて、年齢層の高い常連客によってしっとりとした雰囲気に包まれている。
カウンターに10席、テーブルで20席が用意されているが、全てが埋まってしまうようなことは、上総が知る限りこれまで一度もない。
床とカウンターは、時間を掛けてじっくりと熟成された茶褐色の木目が鈍く光り、壁は外観よりも少し淡いレンガが施されていて、色や材質がセンス良くまとめられている。


食事のメニューが無いのが大きな特徴ではあるが、午後3時から4時までの1時間だけは自家製のメイプル・ワッフルを注文することができる。
もともとマスターのきまぐれから発案されたものだったが、殊のほか人気になってしまったことがきっかけで、そのままメニューに定着してしまった。
それでもメニューの欄には追加されず、知る者の間でだけで密かに流行している裏メニューである。


上総はいつものように大学へ行ったが、この日は午後の講義が思いがけず休講になってしまい、ぶらぶらと街を歩き回った後でそのままフロートへ向かったのだ。

「悪いな、槙ちゃん。今日はワッフルがやけに出て、まいってたんだ。」

マスターの黒田がきりりとした目元を少し和らげて、上総の後ろを通り過ぎた。
裏メニューであるメイプル・ワッフルは偶然の産物ではあったが、これでなかなか手間のかかるメニューらしく、他の注文と重なるとやっかいな代物なのである。

「いえ、僕もいきなり休講になったんですし。ちょうど良かったです。」
下げてきたカップをシンクへ下ろしながら、マスターに笑顔を返す。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12 02